就職に向けた資格活用法

Pocket
LINEで送る

就職に向けた資格活用法

SPONSOREDLINK

履歴書の資格欄の書き方

取得した資格を履歴書に記入する際は、略さずに正式名称で書かなくてはいけない。資格は次々に誕生しているため、類似名称や類似内容の資格がよくあるためだ。

複数の資格を取得している人は、全てをただ羅列するだけじゃなく、応募する職種に合わせて、アピールの高いものを選択して書くほうが効果的かもしれない。

記入した資格について、取得の目的、資格の内容、資格に関わる実務経験などの説明ができるように、もう一度考えておく必要がある。

複数の資格をアピールするには、その計画性や方向性、目的意識などを表現することで良い印象を与える。

応募書類で資格アピール

企業や会社への就職を希望する場合、一般的に応募書類を揃え発送し、選考をクリアする必要がある。書類選考が通らなければ、面接までたどり着けないのが普通だ。

新卒者の場合、エントリーシートを郵送したり、企業のWebページからダイレクトに応募し書類選考に進む方法がある。企業によっては書類選考がないこともあるが、面接日に持参する履歴書や職務経歴書をもとに質問されることになる。

応募書類は企業に自分をアピールする最も大事な部分なので、面接を有利に運ぶためにも丁寧で明瞭な書き方が求められる。一般的に履歴書、職務経歴書、添え状の3点が必要になる。

自分を見つめなおし、これまでの職業経験、実績、セールスポイント、成功体験、資格、免許、受講受賞歴、その他スキルなどを明確に記載しよう。

SPONSOREDLINK

添え状の効果

履歴書、職務経歴書、添え状の3点が完成したら、折らずに大き目の封筒に入れ郵送しよう。添え状を一枚目にしておくことで、自己PRが採用担当者の目に最初に入る確立があがるので、良い印象を与えることが可能。

転職回数が多い、実務経験がない、年齢が高い等の不利な点がある方はちょっとした小細工も必要不可欠。書類選考には必ず添え状をつけるようにしよう。

添え状の書き方

一般的に添え状とは、応募書類を送付する際につける送り状のこと。職歴、修得している技術と知識、仕事に対する考え方や姿勢、応募の意欲と熱意、セールスポイントなどの自己PRや志望動機を記入する。

応募に際して資格を取得した場合などは記入してアピールする。若年者、または未経験職種の人は、意欲や熱意はもちろんだが、その職業への興味や関心を書く。

中高年の人は、実務能力と経験、実績などを強調し、専門性と即戦力性があることを示そう。応募職種に関する技術、知識についてだけじゃなく、向上心や意欲が伝わり有利になる。

面接で資格をアピール

面接の場では、緊張からなかなか自分を100%アピールできないもの。資格について、内容や取得の目的、関連した実務経験などの説明を求められても慌てないように予測しておくことが必要だ。

アピールや説明する際はなるべく具体的に答える、否定的、悲観的な言葉を意識的に使わないようにすることが必要だ。取得したことで身に付いた技術や知識、さらに意欲を示し好感を上げよう。

中途採用者のアピールポイントは、専門性や即戦力性なので、実務能力が問われる。資格の内容や実績など、言葉では補えない時のためにも、セルフプレゼンブックを準備しておこう。

セルフプレゼンブックとは

セルフプレゼンブックとは、自分がこれまでに取得・受賞してきた証明書や証書、または実力や実績を示せるような制作品や資料をファイルに収め、必要な時に見せられるようにすることだ。

例えば、資格者証、受講修了証のコピー、免許証、製作物の写真やコピー、表彰状のコピー、業界紙の記事、社内報など、どんな些細なものでも何かの役に立つかもしれないからファイルしておく。

就職活動の際に、セルフプレゼンブックを準備しておくと、応募書類や言葉では証明しがたい成果を示すことができるので、自信をもって活動できるだろう。

SPONSOREDLINK