求人情報の活用法

Pocket
LINEで送る

求人情報の活用法

SPONSOREDLINK

転職・就職に有利な資格とは

自分に適した資格を選択することが目的達成には必要だが、転職、再就職の場合は、資格の裏づけになる実務能力や経験、実績が必要になる。

実務経験を積むには、契約社員、派遣社員、アルバイト等からステップアップする方法があり、就職して、書類と面接で取得した資格や実務経験をアピールすることが必要だろう。

社内に自己申告制度、目標管理制度、社内FA制度などの人事制度がある場合は、目標達成の資格取得、転属の要素としての資格取得を記載する。

制度がない場合、人事考課の際にアピールする。企業の中には資格所持による手当があることがあり、収入が上がることがあるし、自主的な自己啓発は高く評価される。

目的はなんであれ、資格で得たものを表現することが重要だろう。それが目的を達成して、資格を武器とする第一歩となる。表現しなければ伝わらないものだ。

求人情報の正しい見方

転職、就職、再就職をする際に必ず見ることになる求人情報。ハローワーク、地域情報誌、新聞や広告、リクルート誌などさまざまな求人は正確に読み、就職前にしっかり確認しておくことがある。

せっかく新しい職場についても、仕事が辛くなったり、続かなかったり、また退職なんてことになれば、また就職活動をしなければいけない。

自分が譲れない点は明確にすることが大事だが、給料や内容を高望みしすぎていないか、チェックが必要。高額な報酬を提示している仕事は、高度な内容で激務である可能性がある。

自分の立場や環境を考慮して、どの程度収入があれば生活できるか試算した上で、それを下限として求人情報をチェックしよう。

資格と求人の関係

求人募集には資格が条件になっている場合がある。業務独占資格、必置資格などの資格所持者のみ受け付ける場合と、企業の希望として記載されている場合があるので、情報をよく確認し、職種、業種、求人動機を確認しよう。

当該資格と実務能力を持っていれば高い確率で雇用されるが、類似内容資格や実務能力を持っている場合もかなりの強みになる。当該資格の取得をこれからの目標にするのも良いだろう。

SPONSOREDLINK

求人の年齢制限

大抵の求人情報には年齢制限が設けられているが、以前に比べ制限がゆるやかになりつつある。

制限は企業が設定したものなので、それを超えてしまった場合は応募ができないが、自分が本当にやりたい仕事であり、その企業に入社して働きたいという強い意思があるのならば応募すべきだろう。

熱意があれば面接をしてくれるケースがある。自信を持って、実務能力、経験、実績、意欲を書類や面接でアピールしよう。給料の高望みはできないが認められる可能性はある。

もう年功序列型賃金制度は昔の話だ。何歳だからではなく、この業務内容だからこの金額なのだと心得が必要だ。再就職希望者のうち中高年は特に、前職での肩書き、地位、給料へのこだわりを捨て、再就職に挑まなくてはならない。

職場では、上司が年下だったり、肩書きがなかったりするが、ゼロからの再出発だと思って、どんな雑務も仕事とわりきって認めることが肝心だろう。

求人情報の調査・確認

求人情報に書かれている業務内容は、短文であり大雑把。同じ職種であっても、企業ごとに内容やレベルが違う。それに加え、所属部署名が必ずしも業務内容を表しているとは限らない。

不明瞭な点は、誌面上だけじゃなく、問い合わせたり会社を訪問したりして、業務内容や会社概要を調査することも大事だ。最近の企業はホームページがあるので、Webで確認するのも一つの手だ。

男女雇用機会均等法とは

男女雇用機会均等法が施行され、企業・会社等が求人・雇用する際、特別な一部の仕事を除き、男性、女性の指定が出来なくなった。

このため、応募や就業の機会は増えたが、体力と体格の必要性の有無、職場の人員構成、従来からの慣習などにより、実際は雇用の可能性が低いことが多くなっている。

SPONSOREDLINK