資格取得に向けた勉強法

Pocket
LINEで送る

資格取得に向けた勉強法

SPONSOREDLINK

資格試験の勉強方法

資格取得に向けての勉強法には、大学や専門学校、専修学校に通う方法、通信教育や独学で勉強する方法などさまざまだが、資格によっては、特定の講習、講座を修了すれば取得できる資格もある。

また、勉強法を組み合わせるなど工夫も必要。資格選択の際に、内容と活かし方を考えると同時に、自分の環境や経済状態に沿った勉強法も考えておこう。

自分が最も集中できて、効率的に学習できる環境を考え、吸収していける勉強法じゃないと、効果があがらなかったり、断続できない結果と成り、取得は難しいだろう。

通学で試験勉強

資格取得のために、学校や講座を選択し通学して、受験勉強をする。資格によっては専門学校や講座の選択肢が多く、慎重な比較検討が必要になる。

同じ分野の学校は大体いくつかあるので、まず資料を請求し、条件や体制を比較検討し、疑問点や不明瞭な点は問い合わせる。

できれば、学校を訪問して、説明を受けたり、無料体験させてもらうなど、積極的に行動して自分の目で確認して選択しよう。

働きながら勉強だと、なかなか学校に合わせたスケジュールは組みにくいもの。休んだ場合の振替えができることや、ナイトタイム、休日でも受講できるなど学びやすい環境をチェックしよう。

他に、受験に関する情報の提供、模擬試験、業界の就職情報、再受講制度の有無などの条件や制度をチェックしよう。学校、講師の対応をチェックすることも必要だ。

修了後、卒業後の対応に関しても重要。再受験へのフォロー、情報交換やネットワークの活用、就職、再就職の支援のためのキャリアカウンセリングシステムの活用など。

大学や高校では新卒者の就職対策として、休日や放課後に学校主催の資格取得講座を実施して資格取得を積極的に進めている。学内で講座を開講したり、受講料が割引される制度もあるので、活用しよう。

SPONSOREDLINK

独学で試験勉強

資格取得には独学という勉強法があるが、通学や通信などの勉強法にも、実質的には独学の要素があるもの。一般的に試験実施団体が発行する参考書やテキストを購入して勉強する。

資格によっては書店で手に入る場合もあるが、参考書やテキストは、自分のレベルに適した取り組みやすいものを選択しよう。コストは一番安く済むが、自己管理能力がない方は強い意志力がないと持続するのが大変だろう。

また、常に最新の資格試験情報を入手しておくことが重要。試験内容や傾向は変化するので、勉強に取り掛かる前に最新の参考書を購入しておくべきだろう。

講習で試験勉強

資格によっては講習会を受講することで取得できるが、通信教育や独学で勉強中の方は受験対策に講習会などに参加するといいだろう。受験に備えた実践的な内容を吸収できる。

通信や独学の勉強法は、常に孤独であり、不安や悩みはつきもの。講習会に参加して同じ志の人たちとのふれあいや情報交換ができる。試験委員が講師を務める場合もある。

通信教育で試験勉強

資格取得のための勉強法のひとつに通信教育がある。最近は生涯学習ブームで通信教育を利用して勉強する方が増えているようだ。場所を選ばないことが人気の秘訣だろう。

各分野の大手専門学校には通信コースを併設しているケースが多いようだが、中には通信コース専門の学校もある。通信といっても定期的にスクーリングを行う場合もある。

一般的に、期日までに課題を提出し添削を受ける。郵送やFAX、またはEメールによる質疑応答も行われている。問い合わせの際、講師による対応が受けられないような学校には注意が必要。

在職中の人や学生、育児中、介護中の方、また地方で学校が遠方の方にとってはメリットは非常に大きいが、意思力、持続力、時間管理能力などの自己管理が出来ない人は続かないことが多いようだ。

近年では、e-ラーニングというインターネットを利用する勉強法が人気になっている。インターネットの双方向性を活用して、カメラとマイクを通して講師や受講生同士とコミュニケーションや情報交換が可能。

公的機関の講座活用

資格取得に際して公的機関が主催する講座、教育訓練給付金の講座、職業訓練などを活用すると大幅に費用が節約できる。

また、キャリア開発制度、就職支援制度などを利用することにより、在職中、在学中の方は休暇が与えられたり、取得費用や受講料が割引になるなどメリットがある。

その他にさまざまな講座が安価で受講できるので、利用すべきだろう。しかし、低料金で楽に取得できるからと安易に選択しても実際に役に立たなければ意味がない。

本当に自分に適した資格取得を選択しなければ、時間、労力、周囲の協力を無駄にするだけだ。自分に適した資格を適した方法で勉強することで、モチベーションが上がり、短期間で取得できるだろう。

勉強方法の組み合わせ

資格取得に向けての勉強法には、人それぞれ学習しやすい方法やペースがあるが、いくつかの勉強法を組み合わせることで効果が上がり、個人差はあるが合格率を上げることができる。

例えば、目的を同じくする仲間とグループ学習をすることがあげられる。孤独に黙々と勉強することも必要だが、仲間と情報交換したり、励まし合ったり、時には気分転換もできる。

資格試験には、筆記試験の他に、実技試験、口述試験がある資格が多数ある。仲間がいれば、試験官と受験者の役割で、模擬試験ができて本番に備えた効果的な訓練が出来るだろう。

SPONSOREDLINK

試験勉強のスケジュール

無計画に資格取得の勉強をスタートするよりは、スケジュールを立てるほうが効率的で効果的。睡眠時間を削り、食事を減らしてまでして勉強時間を取ったほうが良いものだと陥りがちだが、これはかえって逆効果。

睡眠や食事、運動には健康維持、気分転換になり脳を活性化してくれる。一般的に勉強には早朝や睡眠前が効果的といわれるが、人それぞれのライフスタイル、環境があるので一概には言えない。

自分が最も集中して勉強に望める時間帯や方法に合わせた、バランスのよい1日のタイムスケジュールを作ることが重要だろう。

学校や自宅意外にも工夫次第で勉強できることはできる。通勤・通学のバスや電車内、会社・学校の休憩時間や就業後、放課後など、早めに会社・学校にやってきて勉強する方法も集中できて良い。

自宅はなかなか集中できないという方は、図書館、静かな公園、喫茶店やレストランなどに参考書やテキストを持って出かけるのもいいだろう。外の方が気分転換ができて頭に入りやすくなる。

試験勉強と健康管理

資格取得のための受験勉強の前に、今現在の生活と働き方を考慮したスケジューリングが重要になる。特に、在職、在学しながらの場合、早朝、夜間、休日が主な勉強時間帯になるので、身体への気遣いも必要だ。

学校へ通学する方法から必要な時間、食事時間や費用など考慮しておかなければいけない。身体的に無理がかかると、期間が長期的なほど身体的負担が大きくなってくるので、健康管理を第一に心がけよう。

また、自分だけじゃなく、家族や同僚、知人、友人、恋人などへの接し方や会話は大切にしていこう。関係が希薄になって人望が薄れてしまっては、人と人との繋がりという大切な財産を失うことになる。

特に、家族の生活とのバランスは大事。家族の協力を得るためにも資格取得の目的や意義と自分の意欲を伝えよう。きっと家族の温かい応援を得て支えになるだろう。

受験勉強をしていると孤独な闘いに感じられる。集中することは大切だが、ストレス解消の手段を持ち、オンとオフを上手に切り替え、家族や友人、恋人との会話を絶やさないようにしよう。

SPONSOREDLINK