資格取得に向けて

Pocket
LINEで送る

資格取得に向けて

SPONSOREDLINK

資格試験の受験日

資格試験には、筆記試験、実技試験、口述試験があり、実施日は、同日であったり、別の日に実施したり、筆記試験、一次試験の合格者のみ、実技試験、二次試験や口述試験を受験できる場合などさまざま。

全国各地で行われる資格試験は、試験会場ごとに試験日が違う場合や、全国一斉に実施する場合、インターネットを通じて任意に受験する場合など多様だ。

また、初級レベルの資格を取得していないと、上位資格の受験資格がない場合や、隣接した2つの級を一緒に受験できる場合、最初から上位レベルの受験ができる場合もある。

資格試験の難易度

資格試験の受験資格をクリアしていても、試験合格の可能性をある程度検討しておくべきだろう。

資格取得の難易度の統計を参考にして確認が必要だが、同じ分野の同じ内容の資格であっても、認定団体、主催団体の違いによって、難易度やアピール効果が違う場合が多い。

難易度の高い資格や、1年に1回しか試験がない資格は、一般的にアピール効果も高くなっている。

SPONSOREDLINK

資格取得後を考える

自分が求める適職が業務独占資格だったり、職場に指示されて特定されている場合、選択肢は限られているが、進むべき分野が定まった時点では選択肢を目的に沿って絞り込んでいく必要がある。

独立系の資格は、経営力や営業力、ネットワーク等がないと独立は非常に困難だし、転職、就職、再就職に関しては、資格取得が有利であることには違いないが、実務能力と強い意欲が必要。

SOHOと言われる在宅系での仕事には、IT、情報系や翻訳、校正系の資格がある。安定して仕事を受けるためには、資格取得によって知識と技術が身に付いていることと実力を証明することが必要だ。

フリーランスの場合は、受注があっても納期が短かかったり、分量が多すぎるなどの問題がおきて在宅であっても無理が生じることもありえる。Web系であればセンスも求められるだろう。

資格取得の期間と費用

一般的に資格取得には、試験の受験料や認定料がかかる。また、受験に向けて勉強が必要な人は、期間によって個人差はあるが、受講料やテキスト費などの費用がかかる。

あまり費用がかけられない場合は、資格によっては男女共生センターの講座、低料金で受講できる公的機関の講座、テキスト代のみで受講できる職業訓練などを検討する。

ハローワーク、公的就職支援機関、役所や役場などの窓口や広報、Webページで、情報を入手して、受講期間や準備期間、費用の目安も調べることが必要となる。

雇用保険受給中の人が職業訓練を受ける場合には、受講料がかからなかったり、受給期間の延長などメリットが大きく、人気のある講座には希望者が殺到する。

希望者がすべて訓練できるわけではなく、面接などで必要性の高い人を選び出し定員まで人数を絞り込む。誰もが必ずしも希望の講座を受講できるとは限らないので注意が必要だ。

教育訓練給付金を受けることができる講座も人気が高く、多数あるが、自分が給付の要件を満たしているか確認しなければいけない。条件には雇用保険の被保険者期間が最低3年間は必要とされる。

資格取得に向け現状確認

資格取得に向けて進むには、今現在の自分のおかれている状況や環境を把握しなくてはいけない。現在の家計状態や就業状態、自分と親兄弟、子供など家族等の年齢や生活環境によって、経済設計が違うもの。受講勉強、受験勉強にどの程度の時間と費用をかけられるか、もう一度考えてみよう。

環境面は重要で、特に地方に在住の方は受験・受講会場が遠方であるために、移動時間と旅費交通費を考慮しなければいけない。長期間の受講が必要な場合は通学が可能か検討してみよう。

SPONSOREDLINK

資格取得計画の立て方

資格取得には、一つの資格を計画的に取得する方法と、複数の資格を段階的に取得する方法があり、いずれにせよ、無理のない計画を立て、状況の変化に柔軟に対応し、時には軌道修正も必要だろう。

これからも新しい資格が増え、既存の資格の社会的認知度やアピール度、難易度は変化し、試験法も認定法も変わっていく可能性は極めて高いといえる。

そして、自分自身においても、就業状態や立場、価値観、環境などが変化しているはずだし、新たな経験と、新たに取得する技術や知識もあるだろう。

現状を踏まえて、いつまでに何をどうするのか、何年後にはどうなっていたいかを考えていく必要がある。

資格試験直前の対策

資格試験の受験勉強が終盤を迎えてきた頃、覚えてきたことを復習するための重要な期間。難易度の低い問題は確実に解けるレベルには達していたいところだ。

ぎりぎりになって新しい問題集に手をつけるのは得策とはいえない。使い慣れた参考書やテキストを復習するのがベストだろう。

試験が年に1回の資格や、難易度の高い資格試験は、できれば1週間前、最低でも2、3日前からは試験勉強だけに時間を費やしたい。

これまで時間をかけて勉強してきた成果を発揮するには、弱気な気持ちは振り切って、100%合格する気持ちで資格試験に挑むことで良い結果に結びつくだろう。

SPONSOREDLINK